MORITA INDUSTRIES INC | モリタ工業株式会社

ABOUT MORITA

代表メッセージ

経営理念
信頼第一を基本に 
お客さまに満足していただける商品を創造し 
社会の発展に貢献する

創業間もない頃のことです。当社代表が資金難のために会社清算を決意し、とある企業の総務部長様のところへご報告に伺いました。その総務部長様は、なぜか当社代表をそのまま社長室へ案内してくださり、ご自身の上司である社長様に「MORITAに融資をして事業を継続させたい」とその場で伺いをたてて下さったのです。ただちに決裁がくだり、当社は倒産をまぬがれることができました。

このようなこともありました。ステンレス鋼材が希少品だった昭和40年代は、どの材料屋さんも前払いが決まりだったのですが、資金力のなかった当社は前払いができずに途方にくれ、風呂釜製造を断念しかけました。ところがこれを聞いたある材料問屋の社長さんが、「MORITAの将来に賭けてみよう」とおっしゃり、掛け売りに応じて下さったのです。ご恩をいただいて製造が叶ったこの風呂釜を、当社は今日でも製造しています。

修理担当者がお客様のお住まいへ修理に伺った時のこと、8時間かけてなんとか完了させたとき、お客様が「ごくろうさまですね」と、冷たい飲み物と食事をご用意して下さいました。このようなありがたいご配慮に関する報告は、枚挙に暇がありません。近年ではこうしたお申し出は辞退させて頂いておりますが、いつもお気持ちに感謝しております。

お取引先のみなさま、地域のみなさまといった多くのお客様からのあたたかいご支援によって、私どもの事業は成立しております。そして支えとしている「信頼第一」というありふれた言葉の重さ、その姿勢を継続する難しさも同時に実感しております。

私どもは、変わりゆく時代を先取りし、自らの姿を変える勇気を持って進んできました。しかし、事業の根底にあるものは「信頼」。これは不変と心得ます。

これからも「信頼第一」を信条として、ここ川口の地域に根差し、みなさまにご満足いただける商品やサービスをつくりだして参ります。そして風呂釜の製造を軸に、金属加工の技術を生かし、「人をあたためるガスの力」をみなさまにお届けして参ります。

モリタ工業株式会社
代表取締役 寺本雷太

企業データ

会社名

モリタ工業株式会社

英語商号/住所

MORITA INDUSTRIES Inc.

Address: 1-23-6 Suehiro, Kawaguchi-shi, Saitama-ken, Japan

Phone: +81-48-225-2481 / E-mail: infor (at) moritakk.co.jp /

Zip: 332-0006

事業内容

ガス給湯付風呂釜・ガス給湯器の製造販売

創業年月日

昭和39年6月1日

設立年月日

昭和43年3月22日

創業者

会長 盛田 重孝

代表者

代表取締役 寺本 雷太

役員

取締役 製造部 部長 伊藤 清一

取締役 営業部 部長 下村 利光

監査役 高石 吉彦

従業員数

55名(2018年2月末日現在)

資本金

1,000万円

年間売上高

30億円(2018年2月期)

本社所在地

〒332-0006 埼玉県川口市末広一丁目23番6号

TEL 048-225-2481(代表)FAX 048-223-5852(代表)

拠点一覧

本社工場

〒332-0006 埼玉県川口市末広1-23-6
TEL 048-225-2481 FAX 048-223-5852

東領家工場

〒332-0003 埼玉県川口市東領家3-8-17
TEL 048-225-3643 FAX 048-225-6771

配送センター

〒332-0003 埼玉県川口市東領家1-15-5
TEL 048-222-5922 FAX 048-222-5941

領家倉庫

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-16-8

鳩ヶ谷倉庫

〒334-0013 埼玉県川口市南鳩ヶ谷1-15-8

大阪営業所

〒 533-0001 大阪府大阪市東淀川区井高野4-6-27
TEL 06-6829-6705 FAX 06-6829-6706

関連会社

株式会社モリタセーリンクメンテ

ガス消費機器取付工事・給排水工事全般
建設業の許可 埼玉県知事許可(般-27)第60275号

本社:
〒332-0006 川口市末広1-23-6
TEL 048-224-9411 FAX 048-224-9401

大阪営業所:
〒533-0001 大阪市東淀川区井高野4-6-27
TEL 06-6349-6555 FAX 06-6829-6706

組織図

会社沿革

昭和39年6月

東京・板橋で盛田重孝がモリタ工業を個人営業で創業。

昭和43年3月

株式会社に組織変更。

昭和45年5月

公共住宅向け「CF型風呂釜(角型)」を開発する。

昭和51年2月

公共住宅向け「CF型風呂釜(薄型巾110mm)」を開発する。

昭和53年6月

埼玉県川口市末広に本社移転。

昭和58年8月

公共住宅向け「FF型給湯付風呂釜」を開発する。

昭和60年2月

配管ユニットの製造を開始する。

平成3年4月

公共住宅向け「浴槽組込型給湯付風呂釜」を開発する。

平成7年7月

公共住宅向け「レンジフード型給湯器」を開発する。

平成8年6月

大阪営業所を開設する。

平成14年10月

公共住宅向け「壁貫通型給湯付風呂釜」を開発する。

平成15年4月

ISO9001:2000を認証取得する。

平成16年10月

公共住宅向け「壁掛型ガスふろ給湯器」を開発する。

​平成17年8月

公共住宅向け「屋外設置型風呂釜」を開発する。

平成20年9月

公共住宅向け「潜熱回収型・壁貫通型給湯付風呂釜」を開発する。

平成22年9月

公共住宅向け「潜熱回収型・壁掛型ガスふろ給湯器」を開発する。

平成25年3月

公共住宅向け[潜熱回収型・壁貫通型給湯付風呂釜・16号(改良型)]を開発する。

平成26年10月

代表取締役に寺本雷太が就任。

平成26年10月

公共住宅向け[潜熱回収型・壁貫通型給湯付風呂釜・16号(暖房付き)]を開発する。

平成27年1月

[FF型給湯付付風呂釜]・[浴槽組込型給湯付風呂釜]が神奈川県住宅供給公社で採用される。

平成29年1月

公共住宅向け[FF型ガスふろ給湯器・16号]を開発する。

平成29年10月

[浴槽組込型給湯付風呂釜(AIS-FF-K)]が日本郵政グループの社宅で採用される。

平成30年7月

創業50周年を期にCIを見直し、ロゴマークなどを一新。